修学旅行でスルルを利用したい

お問い合わせ・お電話

修学旅行でスルルを利用したい

2005-11-21

taitledantai1

沖縄マリンスポーツスルルは沖縄美ら海水族館近く。
沖縄修学旅行で美ら海水族館を予定している場合は大変便利です。

スルルでは修学旅行も大歓迎!
最大150名様まで対応可能です。
15名様以上でお申し込みの場合は、団体割引価格を設定しています。

dsc00102

dsc01659

dsc_0037 dsc_0058

ご参加人数や、お時間によってマリンプログラムをご提案します。

お電話でのお問い合わせは 0980-47-5708 (通話料無料)

※スルルでは、お問い合わせいただいたお客様に、こちらからしつこく営業の電話、メールをすることはありません。お気軽にお問い合わせください。
修学旅行で参加された生徒さんのご感想です↓
新潟県 : ミポさん
dsc02148先日は、お世話になりました。修学旅行のいい思い出になりました!
当日の天候がとても心配でしたが嬉しいコトに晴れました。
私達がしたコースで一番楽しかったのはバナナボートです。2回も落ちてしまいました。ワラ。仲間もとても満足で楽しかったです。
最後の最後まで親切にしていただきありがとうございました♪また機会が有りましたらよろしくお願いします♪
修学旅行で参加された先生のご感想です↓
1組担任の先生より
お世話になりました!!
あいにくの天気で、シュノーケリングが出来なかったのが残念でしたが、生徒達もみんな楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。今回のリベンジとして、また沖縄旅行を生徒達に勧めようと思っていますので、その時は今回の見られなかった綺麗な珊瑚の海を見せてやって下さい。私もまた行きます! 生徒共々よろしくお願い致します。15日は本当にお世話になりました。ありがとうございました

修学旅行について

修学旅行では特に安全を重視してマリンスポーツを行っています。下記のような事故発生時の緊急連絡網を整備し、事故がおこらないように万全の体制で臨みます。
安全確認会議
dsc02978
統括責任者、ジェットスキーインストラクター、シュノーケルインストラクター、各担当責任者が集まり、「いかに安全にマリンスポーツを楽しんでいただくか」勉強会を開き、情報の伝達、安全の確認などを行い、さらにビーチで実際にスタッフ全員でシュミレーション、安全確認します。


シュノーケルの使い方の講習
dsc01687
ほとんどの生徒さんが、シュノーケル初体験となることが多いので、正しい呼吸方法、パニックにならないためにはどうすればいいのか、足ひれの使い方などシュノーケルインストラクターが丁寧に指導します。

マリンスポーツを通して沖縄を好きになってもらいたい!
スタッフが海の楽しさをお伝えします

dsc_0079 dsc_0088
dsc_0107 dsc_0052

事故発生時の緊急連絡体制

海での事故発生

水面に引き上げ、赤十字水上救助員による事故者の状態確認

重態の場合プログラムを中止し搬送準備

軽症の場合プログラムを続行し搬送準備

擦傷等はその場で手当てを施す

緊急連絡機関

名護海上保安署 (0980)53-0118 名護市宮里452-3
海上保安本部 局番なし 118番 海の事件・事故の通報
本部町今帰仁村消防組合消防署 (0980)47-7119 本部町大浜850-3
本部警察署 (0980)47-4110 本部町大浜850-1

最寄の病院

もとぶ野毛病院 TEL:0980-47-3001 本部町字大浜880-1
沖縄県立北部病院 TEL:0980-52-2719 名護市大中1-12-3

安全対策について

① 救急セットを準備して、ケガに対して迅速に対応します。
② 万が一、事故が発生した際は、事故者を病院に搬送するための車両を用意しています。
③ 当日は事前に健康調査票を必ずとり、体調不良者がいないか確認を行います。
④ 行事の前に、ストレッチ・海の危険生物・シュノーケリングの指導を徹底します。

行事(レクレーション)参加者の損害保険加入

保険の概要 行事に参加する方全員被保険者として、それらの方が行事参加中に被る傷害について担保する保険です。

お問い合わせは今すぐどうぞ!
メールでの問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは 0980-47-5708

沖縄修学旅行の新しい楽しみ方

ここ最近の沖縄での修学旅行は、大型観光バスで集団での移動ではなく、タクシーを貸し切っての小グループ(4~5人)での沖縄修学旅行が増えてきました。
10117034794
学生の皆さんにお話を聞くと、事前にネットでタクシーを手配したり、行きたいところを調べたりして修学旅行をカスタマイズできるそうです。
計画を自ら立てて、沖縄を楽しむ。これも学習の一環なんですね
ただ、この形式はまだ少数派のような気がします。
スルル的に感じるのは、団体修学旅行生にはない、バイタリティー。
積極的に沖縄での修学旅行を楽しんでいるのがよく伝わります。
10117034796
“連れてこられている感”がないんですね
さらに話を聞くと・・
「他のお友達はホテルでマリンスポーツするコースに行ったけど、絶対こっちの方が楽しいと思って来たんです!」と嬉しいお言葉をいただきました。
そうなんです。どうしても100名規模や200名規模になると、サービスの質が落ちます。
当然ですよね。一人で担当する人数が多くなるとインストラクターもテンパってしまいます。
安全面を重視するのは当然なので、仕方がないのですが、どうしても「羊と牧羊犬」の様相になってしまいます・・・。
思考停止の羊ではなく、誇り高きオオカミ。沖縄マリンスポーツスルルをネットで調べて、ココに決めたみなさんは賢い。
そして最後にはみんな整列して元気よく、「ありがとうございました!」とお礼まで。
沖縄マリンスポーツスルルメンバーは圧倒され「スゴイなぁ~」しか言えなかったです(笑)。
今の高校生はしっかりしてるなぁ~
10117034792

沖縄修学旅行でおおはしゃぎ!

前回のブログでも少し報告していましたが、沖縄マリンスポーツスルルにはたくさんの修学旅行生が遊びに来てくれました!
始まる前、少し雨が降っていましたが、いざ始まったら『待っていました』と言わんばかりに太陽が顔を出してくれました。
そんな瀬底の海では修学旅行生で大賑わい!
マリンスポーツをする前に、みんなで修学旅行の記念に静岡の象徴「富士山ポーズ」で・・・はいチーズ
あれっ??一人だけ・・・(笑)
10118096091
ジェットスキー
10118096106
シュノーケリング
10118096103
バナナボート
10118096098
沖縄のマリンスポーツを楽しみまくりでしたね\(^_^)/
10118096157
10118096095
海も透明度抜群で魚もいっぱい見れて大興奮の連続でした。
『楽しい!!』との声とともに・・・『明日筋肉痛かも・・』との声も・・
まだまだ若いのに・・(笑)
楽しい沖縄修学旅行になったかな?
残りの沖縄もダイハッスルしてね!



PAGE TOP

マリンスタッフより
side_tokutei1.gifcard_logo.jpg



沖縄マリンスポーツスルル

〒905-0227 沖縄県本部町瀬底2646-3
TEL:0980-47-5708

安全対策優良海域レジャー提供業者



MENU

ご予約

CONTACT
HOME